Mac/LinuxでSubSupportを実行するには

SubSupportがJava製のプログラムであること

SubSupportはJava言語によるプログラムです。もともとJava言語は、「いかなるOSでも同じ一つのプログラムが動作する」ことを目指して設計されたものです。

ただし、やはりOSの違いというものが出てきてしまいます。特にSubSupportは、そのプログラムで完結しているものではなく、別のプログラムの助けを借りて処理を行っているからです。具体的には以下になります。

  • JRE(Java Runtime Environment)
  • VLC Media Player
  • ffmpeg
  • chromedriver

Java Runtime Environment

JREについてはバージョン8u40以上のものを必要とします。Mac/Linuxについてもこのバージョンのものが出ていますが、最新OSで無い場合には対応できていない可能性もあります。

JREの正規版としてはOracle社から配布されていますが、そもそもJavaがオープンソースであることもあり、あらゆるOS向けのものがサード・パーティから配布されています。

例えば、Android用のプログラムもJavaによるものですが、これはOracleとは無関係にGoogle社が作成しているものです。Mac/Linuxについても、お調べいただくようお願いします。

VLC Media Player

VLCについては、公式サイトよりMac/Linux用がダウンロード可能のようですが、これも動作を保証することができません。ご了承願います。

https://www.videolan.org/vlc/

ffmpeg

ffmpegはオプションです。無くてもSubSupportを使用することができますが、音声波形の取得ができなくなります。

こちらの公式サイトより該当するものをダウンロードしてください。配布物の中のffmpegという名前のコマンドのみが必要です。これをSubSupportを解凍した後のpluginsというフォルダに入れてください。ここには既にWindows用のffmpeg.exeがありますが、削除して構いません。

chromedriver

chromedriverもオプションです。無くてもSubSupportを使用することができますが、chromeを使っての辞書表示ができなくなります。その場合でも、デフォルトブラウザとしてchromeや他のブラウザを使うことは可能ですが、辞書をひくたびにタブが増えてしまうという現象になります。

こちらのサイトより該当するものをダウンロードしてください。配布物の中のchromedriverを、SubSupportを解凍した後のpluginsというフォルダに入れてください。ここには既にWindows用のchromedriver.exeがありますが、削除して構いません。

 

 

更新日:

Copyright© SubSupport , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.