Download

English page is here.

SubSupport本体

必要な環境

SubSupportの実行には、JRE-8u40以上と、2018/1時点でリリースされているVLCが必要です。

Windows64ビットの場合

以下をダウンロードしてください

注意事項

  • Oracle社のサイト、VLCのサイトからも同じものがダウンロードできますが、両方とも64ビットバージョンであることを確認してください。VLCサイトで単に「ダウンロード」ボタンを押すと、32ビットバージョンがダウンロードされてします。
  • Windows64ビットの場合、32ビットのJava、32ビットのVLCを選ぶこともできますが、両者は同じビット数としてください。例えば、64ビットJava、32ビットVLCでは動作しません。
  • 既にJava9をインストールされている場合は、そのまま使用することができますが、後述するようにexeファイルではなく、jarファイルからの起動となる場合があります。

Windows32ビットの場合

Oracle社のサイトVLCサイトで32ビット用のインストーラをダウンロードしてください。

Mac/Linuxの場合

Mac/Linuxでも全く同じSubSupportのプログラムが動作するはずですが、弊社では確認しておりません。

詳細はMac/LinuxでSubSupportを実行するにはをご覧ください。

インストール方法

環境を揃える

SubSupportの実行にはJRE(Java Runtime Environment)とVLC Media Playerの二つがインストールされていることが必要です。単に二つのインストーラを実行してください。

※特にJavaは、Java8バージョン8u40以上が必要です。既にJava9をインストールされている場合は、このステップは飛ばしてください。

SubSupportをダウンロードして解凍する

SubSupport-*.*.*.zipをダウンロードし、お好みの場所に解凍してください。解凍後は以下のファイルが現れます。

SubSupportを実行する

解凍して現れたファイルのsubsupport.exe(Windowsの場合)を実行してください。その他の環境では、subsupport.jarをダブルクリックして実行してください。

これら二つのファイルのプログラムは同じものです。exeファイルはWindowsでの実行の簡便さのために用意しているものです。

既にJava9をインストールされている場合にはexeファイルが実行できない場合があります。この場合にもjarファイルの方を実行してください。

SubSupportのバージョンアップ

SubSupportのバージョンアップのあった場合、以前に解凍したフォルダを削除してください。設定などはこのフォルダ内にはセーブされていませんので、完全に消してしまって構いません。

その後、新たなSubSupport-*.*.*.zipをダウンロードし、解凍し、同じようにお使いいただけます。

簡単な使い方はこちらです。

 

更新日:

Copyright© SubSupport , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.